究極のフォーミュラで、
限界の先を追い求め続ける。

Limit Breaking, Fine Lab Fit Fomula Spec.

 FINE LAB QUALITTY&SAFETY CONTROL

CONCEPT & DEVELOPPER

それぞれのサプリメントを組み合わせる手間はもう必要ない。
最短距での理想の体づくりをサポートする、究極のフォーミュラ。

ボディビル界のレジェンド山本義徳と株式会社ファイン・ラボ代表鈴木克彰の20年以上に及ぶ師弟関係。
確かな知識に基づく「正しい」身体づくりを追求してきた2人が、最新の栄養情報やサプリメント情報といった知見を軸に、長年の実践で培ってきた経験や築いてきたシステム、実績を最大限に活用。

様々なジャンルの各シチュエーションにて、ユーザーから求められる栄養摂取、機能性向上、安全性、高品質、効率化にこだわった「本物」を世に残して行きたいという想いを込めて、「最高品質×最新の知見」「現場からのフィードバックによる多角的アプローチによる効率性」を追求するハイエンドのサプリメントブランド「FINE LAB FIT F-SPEC」を設立しました。

Yoshinori Yamamoto 山本 義徳

多くの著名人~トッププロアスリート~指導者育成などの指導行いつつ~沢山のサプリメント活用の栄養学の書籍や、トレーニングに関しての書籍、数々のべストセラーの実績を持ち、数社サプリメントメーカーのアドバイザー等々、幅広く活躍する。

1969年3月25日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。

著書

体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング(永岡書店)
「腹」を鍛えると(辰巳出版) サプリメント百科事典(辰巳出版)
かっこいいカラダ(ベースボール出版)
など30冊以上

株式会社ファイン・ラボ 代表取締役Katsuaki Suzuki 鈴木 克彰

山本義徳と20年以上の長年の師弟関係にあるボディビルダー

約30年間(2020年現在にて)~シリアスなコンテストボディビルダーとして、毎年のように筋肉の増量と、体脂肪率数パーセントの皮膚が透けるほどの究極のダイエットを行い、数々の大きな栄誉あるコンテストにて入賞~優勝を収める、ここ近年では3ヵ国のボディビルナショナルチャンピオン、IFBB世界選手権にて5位の実績に到達。スタートは体重48kgから始まり、今では100kg以上にまで成長し、国内で数少ない重量級へ到達。
人生の全てを注いで研究し続ける究極のボディビルと共に、取り組んできた創業20年(2020年現在にて)になる老舗のサプリメントメーカー「株式会社ファイン・ラボ」にて、代表取締役を就任。実践からのフィードバックを基にサプリメントを創造し、機能性豊かな「多角的アプローチ」のサプリメントやホエイプロテインを提供している。
特に、特別な拘りとして、海外大手乳業メーカーと業務提携を結び、乳牛の飼育、餌の牧草、製造方法まで管理を行い、クロスフローマイクロフィルトレーション製法により抽出された最高品質の「ホエイプロテインピュアアイソレート」を完成させ、安定供給するシステムを確立し、約15年(2020年現在にて)に渡りベストセラーを築く。それらの事業と並行して、数々の他社メーカーの依頼を受けて相談役を務め、健康食品・プロテインをプロデュース業にも従事。 以上の長年のサプリメント事業の取り組みより、世界中の様々な原料を取扱いできるようにメーカーとの関係を構築。また、品質管理システム(FQSC)も構築。
2012年からIFBBフィリピン ナショナル ボディビル選手権にて毎年上位入賞~優勝を獲得。多数の世界選手権へ選抜され数々の上位入賞。

入賞経歴
2018年

アーノルド クラシックオーストラリア・アマ・ボディビル世界選手権90kgクラス 5位
IFBBニュージーランドチャンピオンシップス マスターズクラス優勝 90kgクラス2位

2017年

アーノルド クラシックオーストラリア・アマ・ボディビル世界選手権 90kgクラス 5位
USA アーノルド クラシック・アマ・ボディビル世界選手権 85kgクラス 6位

2016年

IFBBフィリピン ショーンローデンクラシック(ナショナル ボディビルコンテスト)無差別級 優勝

2015年

IFBBフィリピン ショーンローデンクラシック(ナショナル ボディビルコンテスト)ヘビークラス 準優勝

2014年

USA アーノルド クラシック・アマ・ボディビル世界選手権 85kgクラス 6位
IFBBフィリピン ショーンローデンクラシック(ナショナル ボディビルコンテスト) ヘビークラス 3位

2013年

フィリピン インヴィテーション ナショナル ボディビルコンテスト『UBC』(アルティメット ボディビル チャンピオンシップ
(近隣国のチャンピオンを招待した特別イベント)) ヘビークラス 3位

2010年

JPCナショナルズ(全日本ボディビルコンテスト)  オーバーオール優勝

※各階のチャンピオンやプロスポーツ選手の指導実績、多数あり。

「本物」のサプリメント

FINE LAB FITでは原料から配合比率、製造工程、味、ドーピング禁止物質ゼロまで全てにこだわり、正しい身体づくりをサポートできる「本物」のサプリメントを追求しています。

適正価格

サプリメントの企画・製造・販売事業20年(2020年現在にて)以上の経験から、中間マージンを省き、ダイレクトな自社製造管理を実施することで適正な価格帯での提供を行っています。

原料の安定供給&安全性

製品を製造するにあたり原料を“安定”して確保することはとても重要です。FINE LAB FIT F-SPECでは取引する原料供給会社と入念な協議を重ね、原料の供給が常に受けられるよう、確固とした協力体制を構築。原料規格書などを確認し、商品の用途や品質、安全性について基準をクリアしたものだけを厳選しています。

多角的アプローチ

FINE LAB FIT F-SPECは現場からのフィードバックを元に、長い年月をかけて研究や実践により培ったこだわりの多角的アプローチのフォーミュラサプリメント。配合原料はもちろん、配合率までこだわり、実際のフィードバックを基に設計しています。

目的に合わせた最良の選択

ユーザーの目的を効率よくサポートする、経験から培われた優れた目的別サプリメントの商品化を行っています。

徹底したこだわり

メインとなるホエイプロテインは主に牧草を食べて飼育されている健康な牛(グラスフェッド)が、ストレスのない環境の中でつくる牛乳のみを使用しています。
そして高純度のクロスフローマイクロフィルトレーション製法で抽出された「ピュアアイソレートホエイプロテイン」は、 3層フィルターによるクロスフローマイクロフィルトレーション製法により、通常のプロテインの3倍の手間をかけ、過度な熱を加える事なく、ホエイプロテインの有用な成分を抽出して凝縮しています。
また、長年のホエイプロテイン開発製造の取り組みにて築いてきた、管理システムにより、FINE LAB FIT F-SPECでしか入手できない最高品質の細部にまで拘ったホエイプロテイン(プロテイン高含有率、お腹に優しい、溶けやすい、飲みやすい自然な風味)となっています。

品質管理システム(FQFC)

『指定ドーピング禁止物質検査』を最低でも年に1回以上、更に原料の変更時には別途必ず検査を実施。また、官能検査や栄養成分検査、微生物検査、委託する製造工場への品質基準の設定、トレーサビリティを考慮した管理体制の実施といった各種検査や品質基準を組み合わせた独自の管理体制を構築しています。
この管理体制を”FINE LAB QUALITY & SAFETY CONTROL”とし、こちらを基準に管理している商品に『FQSC』マークを商品に表示しています。